カラミざかり

高成の葛藤と里帆への気持ち。


今回は、高成の里帆への思いをこれを考察していこうと思います。

高成が里帆の事が好きなのは、第1話から分かりきっている事ですが、元々の奥手の性格もあり中々積極的にいけないんですよね。

それと何度も自分の思いを伝えるチャンスもあったのですが、ことごとくタイミング悪く邪魔が入ったりして前に進める事出来ないんのが、見ていてもどかしい 笑

本来なら親友の貴史が、上手くアシストしてあげるべきなのですが・・・全く空気の読めない唯のやりたがりなので全く期待できません。

それでころか、はっきりいって邪魔な存在に思えます 笑

でももうやる事先にやってしまっているので思春期ならではの健全な付き合いとかは、ここからできるのでしょうか??

しかもガッツリと色々と4人でやりまくってますからね 笑

でもずっとモジモジしていた高成が、終盤に見せた漢気は里帆には確実に届いていると思いますけどね。

ヤバイ先輩方だと分かっていてレイプされそうになった里帆を身を呈して守ったのはポイント高いですよね??


余談ですが、貴史は先輩達を怒らせるのが怖くて智乃が大人しくレイプされるのを指を加えて見てましたからね・・・

これが、貴史がまともでもっと高成の事を理解してサポートしてくれて友達ならもっと展開が変わっていていたと思うと・・・何ともやりきれないですね。

なんせ親友の好きな人の処女をしかも本人の前で奪うなんて今後も確実に良くない影響を高成に与えると思いまけどね。

高成が、今後報われる事を心の底から願います!!!

そんな「カラミざかり」は現在13話で夏休みも架橋に入ってきているので新学期が始まって高成と里帆の関係が今後どの様に展開していくのか楽しみですね。

もしこの「カラミざかり」気になった方もいるのでは無いでしょうか??

そんな「カラミざかり」は、Boolliveコミック無料の試し読みができます。

先ずは、無料の試し読みから初めてみませんか??

こちらのバナーからどうぞ!!!